忍者ブログ

仮生活(仮)

急性リンパ性白血病患者の自己満日記。 2012.9月入院~2013.5月退院、化学療法のみ、維持療法終了後約3年寛解を保っていましたが、2017.9月に再発しました。 速攻入院して治療を開始しています。 明るくいきたいところですが、暗い時もあります。 完全なる空元気でぼちぼち書いていきまーす。 繰り返すが、空元気。 一応「はじめに」見てもらえる方がいいかも。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰も興味ないでしょうが、3クール目について書いていこうと思います。

・・・・・・・・・

いやいや、ちょっと待って。
その前に3クール目が始まる前のこともちょっと書いていいかな。
先に言うと、私 VS PICC が見どころです。嘘です。

遡ること・・・えっと・・・数えんのめんどくさいから何週間か前、2クール目が終わる頃から。

10/26 髄腔内注射した。いつも足が超痺れるのに今回全く痺れず。逆に怖い。
    ちょっと気持ち悪い。消化不良を起こしているようだ。髄注きらい。
10/27 朝からリツキサンの点滴。今回は特に何も起こらず、順調に終了。
     外泊許可が出たので外泊する。
10/28 外泊。少し具合が悪い。
10/29 外泊。今日も少し具合が悪い。
10/30 朝イチで病院に戻り、9時半からマルクした。痛かったけど慣れてるから余裕。
     昼前にPICC挿入。病室に戻ったら急に赤血球の輸血が入ったと言われる。
     原因はわからないけど、赤血球と白血球が減少しているもよう。なにそれこわい。
10/31 赤血球と白血球が上がらないので、抗がん剤は11/2までずらすことに決定。
 11/1  採血の結果、翌日(11/2)から3クール目開始で決定。

と、いうことで、3クール目が始まる前はこんな感じでした。

何が怖いって、血球が上がったから外泊したのに、戻ってきたら輸血っていうね。
赤血球と白血球は減少してて、でも血小板は結構上がってて、先生によると、原因はよくわからない、とのこと。
ただ、血小板は普通に作れてるので、白血病細胞が悪さをしてるわけではないでしょう、って言ってました。
まあ連発して抗がん剤してますから、色々あってもおかしくないですよね~。

あと、私 VS PICC ね。
結論から言うと、勝ちましたよね、私が。
勝敗ラインがいまいち不明ですが、最終的には入ったし、私の勝ちだと思います。
まあ1時間半くらいかかりましたけど!!
いやいやいや、長いよ、1時間半は。つらい、1時間半は。
毎回早かったら20分くらいで終わるって聞くんですけど、20分で終わったことないっていうか、PICC側はもう20分では帰さないぜみたいになってるんですよ。
なんか、毎月PICC挿入して問題が起きてるので、入れる側の先生たちも「コイツめんどくさいやつだ」ってわかってるみたいで、実際に処置する先生のほかにベテランの先生を配置してましたもんね。いや、知らないけど。

にも関わらず、失敗に次ぐ失敗で入らねえ入らねえ。
いや、私の血管がクソなのが悪いですよ?悪いとは思ってますけど!
でも2回目の時の先生は一発で入れたし!
で、5回くらい刺したり抜いたりしまして、そのうち1回は入れた場所が悪かったみたいで脇のあたりがめっちゃ痛くって、なんか今もたまに痛い気がします。
処置に入ると私の顔には半分ほど布がかぶせられるので、先生の顔とか見えないんですが、よく考えるとたぶん、いやほんとたぶんなんですけど、処置が始まる前に見た感じでは、1回目に失敗しまくった先生だったと思うんですよ。
私、人の顔覚えんの苦手なんで、ほぼ先生がしてたメガネでの判断なんですけど・・・。
ベテランの先生は、前に全然入らなくて電話で呼び出された先生に間違いないと思います。
で、次でやっと入ったんですけど、私は布で見えてなかったんですけど、さっきまで処置してた先生とか看護師さんとかが「ありがとうございました!」とか言ってて、悟りましたよね。
結局入れたのベテラン先生やんけ、と・・・。
いや、うん、最終的に入ったからいいんですけど、なんていうかな。
今回は前と違って最初からベテラン先生がついてたから、数回失敗したあたりでベテラン先生がしてくれてたらよかったのに・・・と思わなくもないっていうか・・・。
まあでも今となっては入ったからなんでもいっか~~って感じです。
ちょっと入れるのが難しい私への処置の経験をいかして、他の患者さんにはぜひ一発でいれてあげて欲しいところです。

今回は、前回左腕が腫れたり荒れたり血栓ができたりと色々ありまして、初めて右腕になりました。
困ることといえばどちらかというと横向いて寝る時は右向いて寝たい派(ベッドの位置的に夜中看護師さんが見回ってる時に左側から見るから)なんですが、まあ大体上向いて寝てるし、利き腕だから多少点滴の管が引っかかったりするくらいで、全然問題ありませんでした。
今も入ってるところはキレイな状態で、腫れたりすることもなく最後まで使えそうです。

よかったよかった!・・・と、思ってたんですけど、つい先日衝撃の事実が判明しました。

CT撮ったらPICCの先に血栓が出来てるって言われたんですけど。

嘘でしょ・・・PICCお前・・・。
2連発で血栓て・・・。
なんか、血栓が管の先にくっついてるか、管とは離れているのか、はっきりわからないみたいなのですが、近いうちにPICCを抜くことになるんですけど、抜いた時に血栓が取れて流れてしまう可能性があるそうで・・・。
流れてしまった場合、肺に流れることになるそうなのですが、「血栓自体は小さいので肺に流れたとしても大きな症状はでないとは思うのですが・・・」とのこと・・・。
いやいやいやいや、怖い怖い怖い怖い!!
肺から違うとこに流れちゃったりはしないの?

しかも、2回目の時にできた血栓もまだ残ってるって言われたんですけど。

エコーでは消えてるように見えてたんですが、CTでは左の脇と鎖骨の間あたりにあるって。
場所がちょっと良くないかもってことで、循環器内科の先生にも診てもらったんですが、溶かすには1週間くらいの点滴が必要なうえに、点滴しても溶けるとは限らないし、あとまた後日書きますが1週間点滴をしている余裕がないこともありまして、血栓も大きいわけではないということでそのまま様子見ということになりました。

ふたつの血栓が後々ネックにならなければいいんですが・・・。
お薬使わずに血栓をなくそうと思ったらどうしたらいいのかな(;´゚Д゚)

も~~~~!!PICCの呪い強すぎひん??

今度ばかりは味方だと思ったのに、またしても・・・!!
PICCの方が一枚上手だったということか。私、勝ったと思ったけど負けてんじゃねーか。
しかも、なんかPICCの呪いが強くなってきてない?
『PICC(1回目)は我々PICC四天王の中でも最弱・・・』みたいな、バトル漫画みたいな展開になってきてない?


PICCとの1時間半の激闘の末、辛くも勝利をおさめたとめ。
3クール目に向け上々のスタートをきったと思われたとめであったが、その腕はすでにPICCの呪いが発動していた・・・!
果たして、とめは3クール目を無事に終えることができるのか!?
とめの戦いはこれからだ!!
 ☆ご愛読ありがとうございました!◎◎先生の次回作にご期待ください!


と、いうことで、本題の3クール目については次回の記事で!




☆16日と18日に拍手からメッセージ下さった方☆
いつも応援ありがとうございます!
薬はめっちゃ効いてるわけではないようですが、全く効いてないわけでもないようで、今のところコントロールは出来ているそうです。
メソメソしながらですが、頑張ってます。
ありがとうございます。



↓ランキング参加中。他の患者さんのブログもご覧ください。
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村


↓ぽちっと応援よろしくお願いします(*゚ω゚)ノ

拍手

PR

プロフィール

HN:
とめ。
性別:
女性
自己紹介:
再発して闘病中☆
「はじめに」参照。
30歳。ギリギリ女。
他の人のように前向きにいきたいけれど、元がネガティブなので、落ち込んで暗いことを書いちゃうときもあります。
何かございましたらメールフォームや拍手からどうぞ。
または tomemaru56[☆]yahoo.co.jp までメールください!
☆は@に変えてね。

ランキング参加してみました

応援よろしくお願いします。
他の白血病患者さんのブログもここから。
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バーコード

ブログ内検索

忍者アナライズ

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 仮生活(仮) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]